篠崎①.JPG

篠崎 真央
BtoB事業
オフィスソリューショングループ

03
-

今現在の業務を教えてください。
 

法人営業をしています。アサヒ商会とお付き合いのある既存のお客様に対してオフィス用品を販売しています。比較的大手企業のお客様が多いのですが、事務消耗品をはじめ、オフィス家具やメンテナンス工事などもご提案して、お客様のお力になれるように日々活動しています。

 


篠崎さんは確か新卒入社の大手企業を数か月で辞めてアサヒ商会へ転職で入社していますが、どうしてせっかくの大手企業を数か月で辞めたんですか?

就活生からすると、「大手企業は安定しているから安心」というイメージがありますよね。私も周りに影響されて「自分も皆に追いつきたい、大手企業に入りたい」という見栄やプライドがあったので大手企業に就職しました。

だけど、自分のやりたいことよりもそういうプライドを重視して選んでしまったので、入社してから「本当に自分の意志で選んだのかな?」とかなり悩んでいました。次第に「もう一度仕切り直したい」という思いが強くなったのがきっかけですね。数か月で辞めることには劣等感もあり、相談した人には「3年はそこで働いた方が良い」って言われましたけど、モヤモヤは変わらないし、精神的に辛くなっていたので、当時はかなり勢いで社会人として再スタート、転職を決心しました。

そんなタイミングで、アサヒ商会の社長とご縁があって、アサヒ商会に入社することにしました。

 

大手企業ではどんなところが悩みの種になっていましたか?

大手企業の社員育成って基本的に全部決められているように思います。自分の意志よりも会社の意思で、プログラム化されていて、皆一緒に研修して皆同じように成長するという環境が自分には合わないと感じました。自分で考えて取り組むことや自己成長するという点で、大手企業より中小企業の方が自分に向いているんじゃないかなと考えていました。

篠崎③.JPG

出身は富山県で、短大卒業後に高崎経済大学へ編入して卒業していますが、富山県内で仕事をするという選択肢って考えなかったのですか?

或いは東京などの都会で仕事をするという選択肢もあった中で、なぜわざわざ群馬県なのでしょうか?

 

新卒で働くという事で不安もあったので、自分が住んだことのある県で働きたいと思っていました。

都内の企業の会社説明会にも行ったのですけど、自分が都会で働くことに不安もあったし、毎日満員電車に乗って、忙しなく働くというイメージが沸かなかったですね。

なので、富山、群馬、短大があった山梨かなと思っていました。就活して、富山と群馬で内定をもらったので、最初は大手の地域職という枠に富山へ行きましたけど。

仮に転職するとしても数ある会社の中で、なぜアサヒ商会を選んだのですか?

 

高崎経済大学に短大から編入したのですが、高崎経済大学在学中に地域づくりを学んで群馬が好きだったというのと、色んな企業はあったんですが、やっぱり最初に思いついたのは、アサヒ商会でしたね。廣瀬社長とのつながりがあったこと、これも何かのご縁かなって思ったんです。そして、アサヒ商会は中小企業で地域に根差している企業でもあったので、自分のやりたいことができるかなと思い、アサヒ商会に決めました。

お休みの日を活用してミュージカルに出演したりしていますよね?

SNSにも様子が投稿されていて、すごいエネルギッシュに活動されていますが、なぜミュージカルをやっているんですか?

 

社会人になってからコミュニティがどうしても仕事だけになってしまうのが嫌で、外部にもコミュニティを持ちたいとずっと思っていて、そしたら、たまたまfacebookでミュージカルに出会いました。もともと、ダンスをしていて踊るのも好きだったし、皆と何かをすることも好きだから、やってみようと思って。

また、そのミュージカルが特殊で、NPO法人が主催しているミュージカルなのですが、10代~80代まで年齢も性別も職種も様々で、そのメンバーでミュージカルを作り上げるのも面白かったですし、好きな事を通して様々な価値観に出会えるというのもすごく魅力的で続けていました。2回目も参加したのですが、アサヒ商会の人も誘って参加しました。

地域とのつながりも出来ましたし、コミュニティも拡がったと思います。その後も、ある時、ミュージカルメンバーがよさこいイベントに参加するとなったのでサポートをしたり、休日もミュージカルで知り合った友人たちと一緒に出掛けたり、今でも交流が続いています。

篠崎さんが法人企業に対して販売している商品やサービスは、実際、ネットでもホームセンターでも買えるものだと思うのですが、それでも篠崎さんから購入しているわけですけど、日ごろから意識していることってありますか?

 

ネットは実店舗に比べて安かったり手間がかからなかったり、一消費者として便利だと思うけど、営業という立場で売り上げは皆のためにも必要になってきます。私は、営業は「人と人とのコミュニケーション」だとずっと思っていて、「この人から買いたい」ってどんな時に思うだろうかというと、私は信頼関係やその人との繋がりの強さかなと思います。なので、部長さん、社長さんとお話しする時も役職として見ずに、その人として思いやりを持って接することを私は意識していますね。これが売り上げに繋がっているか分からないですが、人として正しく振舞うことは大事だと思っています。

私は、女性ということもあり、比較的お客様に可愛がっていただけることが多いのですが、それに甘えず、接触回数を増やして自分を覚えていただき、認めてもらって買っていただけるというのが営業の一番嬉しいことだと思っています。

篠崎④.JPG

今、篠崎さんが仕事の中で挑戦していること、達成しようと目指していることってどんなことですか?

私は今入社6年目で、すごく思う事は「1人で仕事をしていない」という事です。

自分は営業していますが、それを支えてくれる内勤の営業事務の方や一緒に頑張る営業の仲間の存在は大きいと思います。自分で達成するというよりもチームの皆で目標を達成したいですし、できれば楽しくやりたいと思っています。私は誰かと一緒に何か成し遂げることに楽しさや充実感を感じるので、これからチーム作りに力を入れていきたいです。

篠崎さんは、今、アサヒ商会を利用して企んでいることってありますか?もう実行していることでも良いですけど。

 

アサヒ商会は若手が多い会社なので、自分より若い人と話す機会が多いんですが・・・。

社会人になる前、大学生の頃までって何かしらの道がいくつか与えられていて、自分の好きな事をやりながら、その道の選択をしていくっていう事が多いと思うのですが、社会人になると今度は、「どのように成長するか」、「いつどんなスキルをどのように身につけるのか」とかを自分で考えて、選択して動かなきゃいけなくなると思います。

実は、そういったことで私はすごく悩んだし、周りにも私と同じように悩む人が沢山いる事を知って、私はそういう人の話を聞いてあげられる人になりたいなと思って。そういったこともあり、キャリアコンサルタントの資格を取りました。自分のキャリアを考えながら、若手の人や女性たちの仕事、そしてプライベートも含めたキャリアを一緒に考えたり、その人の選択肢を広げられたり、そんなサポートをできたら良いなと思います。

私は、影響力のある人みたいに団体を立ち上げたり、0を1にすることってちょっと苦手なんですけど、チームの底上げや誰かを支えることサポートすることが好きで、自分に向いていると思っているので、そういう形で誰かの力になりたいですね。

篠崎⑤.JPG

この先、どういう人生、キャリアプランを考えていますか?もちろんアサヒ商会を退職した想定でもOKです。

 

キャリアプランってすごく悩むことですよね。あまり明確なプランは無いんですが、ざっくりとやりたいことはいくつかありますね。

私は、ミュージカルに参加したり、地域の人とか色んな人と関わってきたので、色んな人の個性を生かしたコミュニティを作ってみたいというのがあります。踊る事や歌う事、アクティブに活動する事が私は好きなんですが、何かを通して人が楽しめたり笑顔になれる瞬間って沢山あるので、そういう事を形にするコミュニティを作りたいなと思いますね。

あとは、キャリア教育について何かお手伝いができる人になりたいですね。以前、大学生の頃に高校生向けにキャリアを考える授業をしたことがあって、そういう経験や色んな経歴の方との出会いを通して、そういうお手伝いをしたいと考えるようになりました。

女性として今後キャリアを考えたときにどんなことを考えますか?

 

この会社か別の会社か正社員かパートかどんな形かは分からないけれど、働くって良いなと思っています。

以前、「はたをらくにする、人を楽にすることだよ」って言われたことがあって、お客様を楽にして喜んでもらう事とか、それって、「ありがとう」という言葉をいただけたり、とても充実感があります。仕事は自分にとってやりがいや成長にもなるし、働くことはずっと続けていきたいなと思いますね。

就職活動中の学生の皆さんにメッセージをお願いします。

 

自分のやりたいことに素直になってほしいなと思います。学生は「やりたいこと何ですか?」って言われた時に悩んでしまう人もいるかもしれないけれど、自分が興味のあることには沢山挑戦してほしいと思います。失敗しても大丈夫だし、失敗から気づいたり視野が広がったりすることも多いです。世の中の変化が早く、転職も当たり前になってきた現代だからこそ、少しでも興味があったら一歩踏み出してほしいなと思います。